絵本

きょだいな きょだいな

「あったとさ あったとさ」の繰り返しが心地いいリズミカルな絵本。たくさんの巨大な物が登場します!

この絵本の内容紹介あらすじ

「あったとさ あったとさ」の繰り返しが心地いいリズミカルな絵本です。

「あったとさ あったとさ ひろい のっぱら どまんなか」

最初に登場するのは、広い野原に佇む巨大なピアノ。
ピアノの上で100人の子どもたちが楽しそうに遊びます。鍵盤の上で駆け回るといろんな音がキラリラグヮーンと鳴り響きます。

広い野原には巨大な物が他にもあります。次に登場するのは巨大な石鹸。
巨大な石鹸の上で100人の子どもたちが遊べば、つるつるすべって楽しそうです。

広い野原には他にも巨大な黒電話や巨大なトイレットペーパー、巨大な瓶や巨大な桃、いろんな巨大な物があるのです。不思議な世界観に子どもたちもワクワクすること間違いなしです。

巨大な黒電話でゼロゼロゼロ番に掛けると地獄に繋がったり、巨大なトイレットペーパーはゴロゴロいつまでも転がっていきます。
野原の真ん中にある巨大な物がどうなるのか、どうやって子どもたちが遊ぶのか、次の展開がとっても楽しいお話です。次の展開を想像しながら読み聞かせるとさらに楽しさが増すことでしょう。

迫力のあるイラストと子どもたちの自由奔放に遊びまわる姿が印象的な元気溢れる作品です。

出版社からの内容紹介

あったとさ、あったとさ。広い野っぱら、どまんなか、巨大なピアノがあったとさ。子どもが100人やってきて、ピアノの上で鬼ごっこ……。広い野原のまん中に、巨大な電話、巨大なトイレットペーパー、巨大な泡立て器など、巨大なものが出現し、子どもたちがそこで自由に遊びます。電話は地獄につながったり、泡立て器は空に雲を湧きおこしたり、奇想天外な出来事をまきおこします。リズミカルな言葉と元気な絵の楽しい絵本です。

出版社「福音館書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。