絵本

くずかごおばけ

嫌いなものや気に入らないものは何でもくずかごに捨ててしまうおかっぱ頭の女の子。でも、何でも捨てていると怖い目に!?

この絵本の内容紹介あらすじ

この絵本の主人公、おかっぱ頭の女の子は嫌いなものがたくさん。嫌いなものや気に入らないものは何でもくずかごに捨ててしまいます。

嫌いなお魚をくずかごへポイ!お人形も足がとれたからくずかごへポイ!

嫌いなものや気に入らないものを何でも捨てていると、くずかごから手が伸びてきて、女の子はくずかごの中に引き込まれてしまいます。

くずかごの中は真っ暗です。明かりが見えるほうに近寄ってみると、「すてたのは だれだ」「すてたのは だれだ」。
女の子が捨てたものたちがロウソクのまわりをぐるぐるしながら、「すてたのは だれだ」「すてたのは だれだ」とうめきます。

さてさて、女の子はどうなってしまうのでしょう。何でも捨てていると女の子のように怖い目にあうかもしれませんね。物は大事にしようというメッセージが込められたお話です。

食べ物で好き嫌いが多い子やおもちゃを大事に遊べない子に読み聞かせてあげるとちょっとした変化があるかもしれませんね。

出版社からの内容紹介

いやなものは、なんでもすててしまう女の子。ところが、そのくずかごの中から手が出て……。

出版社「童心社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。