絵本

くつくつあるけ

優しく明瞭な色彩で靴の表情を描いた、赤ちゃん向けの絵本。

この絵本の内容紹介あらすじ

一足の靴がぱたぱたと歩いて散歩に出かけていきます。靴は、走ってみたり、爪先立ちで歩いてみたり、ぴょんぴょんと跳ねてみたりと楽しそうです。ところが、あんまりはしゃぎすぎると靴が絡まって転んでしまうのです。

絵本には、靴だけが大きく描かれており、濃い緑色の地面と濃い青色の空、それから一足の靴しか登場しません。

その靴が、ぱたぱた歩いたり、走ったり、転んだりするのですが、それを履いている子どもの姿も見えてくるような気さえしてくる不思議なお話です。

子どもの目には、一足の靴がどんな様子に見えているのでしょうか。本当に靴だけが遊びに行った様子に見えるのでしょうか。それはそれで面白いことですよね。

青、緑、黄色が印象的なとてもシンプルな絵本で、余分な装飾がないので靴の様子がわかりやすく読みやすい一冊です。

2歳ごろになると、走ったり飛び跳ねたりすることもできるようになり、ベビーカーを拒否して自分で歩きたがる子も多いことでしょう。靴への愛着が芽生え始める歩けるようになったお子さんにぴったりの絵本です。歩くことがとっても楽しみに感じることでしょう。

出版社からの内容紹介

靴をはいておもてに出るのは、あかちゃんの大きな喜びですが、その靴がここでは大活躍。優しく明瞭な色彩で靴の表情を描いた、あかちゃんの絵本の一級品。

出版社「福音館書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。