絵本

くつがいく

自分で選んだ人生を生きられる、それが平和。日・中・韓の絵本作家が綴る平和絵本。

この絵本の内容紹介あらすじ

日本の童心社、中国の訳林出版社、韓国の四季節出版社により共同出版された、平和絵本シリーズのひとつです。戦争の悲劇により、近くて遠い国になってしまった三カ国の絵本作家が、それぞれの立場で戦争に向き合い作品を制作しました。

「くつがいく」は、タイトルのとおり、くつの目線で物語が描かれています。
絵も言葉もシンプルなので、小さいお子さんから読むことができます。

最初はぴかぴかで勇ましかったくつたち。たくさんのくつが盛大に行進をしています。
戦争に参加している彼らには意思がありません。淡々と行進していくだけです。
まずは、他国の人々をつぎつぎに踏みにじり、痛めつけます。
それでも、くつは止まりません。
ぴかぴかだったくつは、汚れていきます。
その汚れは、物が言えない彼らの悲鳴のように感じられます。

「くつ」は、思考することを許されなかった軍人を表しているようにもみえます。
やがて、くつたちは、あわれで惨めな最期を遂げます。

くつたちのように、戦争に自分の人生を振り回されてはいけない。わたしの未来に戦争はいらないと、戦争を体験した著者が訴えます。

出版社からの内容紹介

日本の兵隊たちはアジアの国ぐにで何をしたのか。兵隊たちと共に海をわたり戦場に行った靴たち。そのすがたをとおして、犠牲になった人びとや戦争のほんとうのすがたを描き、平和を守ることの大切さをうったえる。

70年前、日本の兵隊たちはアジアの国ぐにで何をしたのか。
幼いころ、何もわからず戦争を体験した作家が、あらためて戦争とは何かを問いただす。
兵隊たちに履かれて海をわたり、戦場に行った靴たち。その運命をとおして、ほんとうの戦争のすがたを描き、平和を守ることの大切さをうったえる。
そして、少女はいま、はっきりと自分の意志を伝える。
「わたしはわたしの未来を生きていく。わたしの未来に戦争はいらない」と。

出版社「童心社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。