絵本

くろくまくん ぴかぴか はみがき

歯磨き前に読んであげよう!赤ちゃん向けの歯磨き絵本。

この絵本の内容紹介あらすじ

赤ちゃん向けのかわいい歯磨き絵本です。短い文章で、サクッと話が進むので、赤ちゃんにも1歳くらいのお子さんにもおすすめ!
くろくまくん、うさぎさん、ねこさん、たぬきくん、ぶたさんの5匹が出てきて、「ごはんたべたらどうするの?」「ごちそうさまっていうよ」など会話しながらお話が進んでいきます。

歯磨きの大切さを教える、というような大層なものではなく、ただただ「楽しく歯磨きしようね」という導入になるのではないでしょうか。

まだ小さなお子さんは、ちょっとしたきっかけで積極的に歯磨きができたり、逆に嫌になったりもするので、毎日の歯磨き前にこの絵本を読んでから「じゃあ○○ちゃんも歯磨きしてみる?」というように進めてみると、いつも以上にスムーズにいくかもしれません。

まだ歯磨きも遊びの一環になる年齢だからこそ、かわいい動物さんが歯磨きするこの絵本で、子どもも一緒になって歯磨きを楽しめるはずです!

絵本の中では、まず自分で歯磨きをしてから、お母さんに仕上げ磨きをしてもらっているのですが、同じように仕上げ磨きをしてあげると、絵本の再現性が高まってより積極的に楽しく歯磨きができます。

出版社からの内容紹介

もぐもぐぱくぱく、ごはんをたべたらどうするの?
ごちそうさまを言って、お皿をかたづけたら、おやつのプリン・・・じゃなくて、はみがきだーーー!
上の歯しゅっしゅっ、下の歯しゃかしゃか。奥歯をしゃかしゃか しゅっしゅっ。
ママのしあげのあとは、くちゅくちゅぺっ、でぴっかぴか!
リズミカルにくりかえし読むうちに、歯磨きが楽しくなる絵本。

出版社「くもん出版」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。