絵本

くれよんのくろくん

クレヨンの黒は仲間はずれ!?とっておきの使い道が見つかるでしょうか?

この絵本の内容紹介あらすじ

新品のクレヨン達は退屈な日々を過ごしていましたが、ある日、それに嫌気が差した黄色のクレヨンが箱から飛び出します。

「ずうっと、しんぴんの ままなんて もういやだよ」と黄色のクレヨンは嘆きながら机の上をトットコトットコ走っていき・・・・、大きな白画用紙を見つけると驚きを隠せません。

黄色のクレヨンは、さっそく白画用紙で遊び始めます。まずは、蝶々を描き、それから蝶々にぴったりの花も描きます。

赤色のクレヨンとピンクのクレヨンも白画用紙にやってくると、さっそく黄色のクレヨンと同じように遊び始めます。赤色のクレヨンはチューリップを描き、ピンクのクレヨンはコスモスを描きます。

花には葉っぱが必要なのでピンクのクレヨンは、緑色と黄緑色のクレヨンを呼んできます。それから、地面や木を描くために茶色や黄土色のクレヨンがやってきて、空や雲を描くために青色や水色のクレヨンもやってきます。

カラフルなクレヨン達がみんなで協力しながらお絵描きをしていると・・・・、最後に黒色のクレヨンもやってきます。ところが、他のクレヨン達は「きれいに かいたえを くろくされたら、たまらないよ」と言って黒色のクレヨンを仲間はずれにしてしまいます。

ぽつんと一人寂しそうにしている黒色のクレヨンのもとにシャープペンのお兄さんがやってきます。そして、シャープペンのお兄さんが黒色のクレヨンにあっと驚く提案をします。その提案とは一体何なのでしょうか。

誰にでもとっておきの役割があることを教えてくれるようなお話です。使い道のなさそうな黒色のクレヨンのサプライズに驚くとともに勇気をもらえるかもしれませんね。

出版社からの内容紹介

クレヨン達は、真っ白な画用紙を見つけて大喜び!チョウ、お花、木…。みんな、つぎつぎと描いています。ところがくろくんだけは仲間に入れてもらえません。でも…。記念すべきシリーズ第1作!

出版社「童心社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。