絵本

くらい くらい

出版社からの内容紹介あらすじ

暗い部屋で、電灯のスイッチを入れることによって、一瞬のうちに闇が光へと変わる喜びをユーモラスに描いた画期的な赤ちゃん絵本です。 誰だかわからなかった黒い影が、ページをめくると、スイッチを入れて(スイッチのタイプもいろいろです)、明るい光のなかでこっちを見て笑っています。つぎつぎあらわれる影が、誰なのかを想像するのもこの絵本の大きな楽しみです。

絵本「くらい くらい」の一コマ

絵本「くらい くらい」の一コマ

出版社「福音館書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。