絵本

くものすおやぶん ほとけのさばき

出版社からの内容紹介あらすじ

くものす親分は子分のぴょんきちを連れて、むしの町の見回りをしていると、寺の和尚から盗人が本堂の仏様を運びだそうとしたらしいと相談をうけます。本堂から足跡をたどっていくと地下の押し入れの床に穴が。くものす親分はしばし考え、ぴょんきちに仏様になれと言います。ぴょんきち仏を盗ませ、ねぐらを突き止めひといきにお縄にしょうというのです。その夜、あらわれた泥だらけのあやしい連中、はたして盗人の正体とは……?こまかく描き込まれた時代劇絵本。

絵本「くものすおやぶん ほとけのさばき」の一コマ

絵本「くものすおやぶん ほとけのさばき」の一コマ

出版社「福音館書店」より
4歳5歳6歳秋山 あゆ子福音館書店
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。