絵本

くまさんくまさんなにみてるの?

リズミカルな問答遊びを発展させながら、身近な動物と色彩の感受性を豊かに育む絵本。

この絵本の内容紹介あらすじ

リズミカルなフレーズでカラフルな動物たちが出てきます。

動物が好きなお子さんや英語に興味を持たせたいパパとママにおすすめの一冊です。

はらぺこあおむしで有名なエリック・カールの絵本。
独特のタッチと色彩で描かれた動物たちは全てのページがアート作品のよう。現実にはいない青い馬や紫の猫のページは絵画作品のように芸術的です。

文章は日本語、英語、日本語&英語のパターンがありますが、英語のものでも簡単な単語が並んでおり、英語が苦手なパパママでもきっと読むことができると思います。

英語バージョンでも日本語のものと同じようにリズミカルなフレーズで、何度か読み聞かせているうちにお子さんが暗記して言えるようにもなるでしょう。
お子さんが英語の絵本を暗記しているだなんて聞いたらお友達もびっくりですね。

3歳くらいになってくると自分の好きな色や動物がはっきりしてきます。色の名前や動物の名前を覚えてくる年齢でもありますので、英語名でも言えるようになると不思議と楽しくなるはず。

最後のページには絵本に出てきた全ての動物が登場。指さしをしながら英語で色と動物の名前を言うのは脳の発達にもいい影響を及ぼすと考えられています。ぜひ挑戦してみてください。

本のサイズは、大判のものと手のひらサイズのものがあります。外出先に持っていく場合は手のひらサイズのものが便利ですね。

出版社からの内容紹介

色鮮やかな動物たちと子どもの間に会話がはずみます。問答遊びを発展させながら、身近な動物と色彩の感受性を豊かに育む絵本。

出版社「偕成社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。