絵本

くまのこの としこし

年越しって?来年になったら何がどうなるの?クマの子ども目線で見た「年越し」を描いた絵本。

この絵本の内容紹介あらすじ

大人になると当たり前のように「今年ももうすぐ終わりだなぁ」とか「来年もよろしくね」とか「年越しはどうするの?」なんて話になりますよね。
この絵本の主人公のくまの子は、そんな年末の大人たちの様子を見て「らいねんがもうすぐやってくる」ことを知ります。
「らいねんってなんだろう」「らいねんってどんなものなんだろう」とワクワク心躍らせながら、いざ、年越しを迎えます。

そして、ようやく!年が明けました!「らいねん」になりました!
「え?らいねんはどこにいるの?」「何が変わったの?」という、子どもならではの純粋なくまの子に心が癒される絵本です。

確かに、考えてみれば大晦日からお正月になるのに何の変化もありませんよね。ただ日付が変わっただけ。
それなのに「おめでとう」とお祝いし、テレビ番組も特番になり、初詣に行き…子どもからしたら不思議なんだろうなぁと思いますよね。
もしかしたら、この絵本のくまの子の気持ちが「わかる!同じことを考えたことがある!」という大人の方もいらっしゃるかもしれません。

年末年始や大晦日の夜にお子さんと一緒にこの絵本を読んでみると面白いでしょうね。「年越しって?」という子どもの疑問に答えられる、ほっこり優しい気持ちになる絵本です。

出版社からの内容紹介

親子で楽しむ、季節と行事のよみきかせ絵本
お正月は、どんなふうに来るのかな?
新しい年を迎えるわくわくする気持ちと、元旦のおごそかな気持ち……。子どもの目で見た「年越し」を描きます。

出版社「講談社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。