絵本

コウモリのルーファスくん

暗い夜の世界で暮らすルーファスは、ある日ひょんなことから昼の色鮮やかな世界に憧れて・・・。

この絵本の内容紹介あらすじ

コウモリのルーファスは、日が暮れるまで洞穴の天井にぶら下がって眠っています。そして、夜になると洞穴から出てきて、ご馳走を探すために外を飛び回るのです。

そんなある夜のこと、原っぱでは野外映画会が行われています。ルーファスは、カラー映画の上映を見かけ、明るくて綺麗な色を初めて目の当たりにしたのです。灰色と黒色に塗りつぶされた夜の世界で暮らしていたルーファスにとっては、鮮やかな色のある世界はこれまで無縁だったのです。

カラー映画の鮮やかな色に感動したルーファスは、夜と対照的な昼の世界に憧れを抱きます。そこで、ルーファスは眠るのを我慢して朝がくるのをじっと待つことにするのです。

日が昇り始めると、その美しい光景にルーファスは見惚れてしまいます。眩しいくらいに色が溢れた世界では、鮮やかな鳥達が優雅に飛び回り、鮮やかな花々が咲き誇っているのです。

ルーファスは、そんな色鮮やかで素敵な世界を目の当たりにして、自分の真っ黒な姿にうんざりしてしまいます。そして、原っぱに忘れられた絵の具箱を偶然見つけると自分の体に色を塗り始めるのでした。

耳は赤く、爪は青く、足は紫、そしてお腹に緑の星を描いたルーファスは、今までとは見違えるほどに色鮮やかになったのです。ルーファスはそんな自分の姿にご機嫌になると、太陽がさんさんと輝く世界に飛び出していくのでした。

ところが、物珍しいルーファスの姿を見た人間達は、驚きを隠せません。しかも、人間達はルーファスを捕まえようと銃口を向けるのでした。

銃で撃たれたルーファスは、大怪我をして墜落してしまいます。ルーファスは、蝶のコレクターとして有名なタータロ先生の庭に落ちてしまうのでした。そして、タータロ先生に拾われたルーファスは・・・。

暗い世界でしか生きていくことのできないルーファスに切なさを感じたり、タータロ先生との交流に心が温かくなったり、様々な感情が込み上げてくるお話です。

出版社からの内容紹介

コウモリのルーファスくんは、じぶんの黒い衣装にうんざりしています。
あるとき、うまいぐあいにだれかが「えのぐばこ」をおきわすれて くれていたので、ルーファスは、耳を赤く、つめは青く、あしは むらさきいろに、じぶんをきれいにぬりかえました。
そして ごきげんで、日の光のなかへとびだしていったのですが……。

いつもと違う世界に足をふみいれたルーファスが、そこで みつけたものとはなんだったのでしょうか。
ウンゲラーが描く、夜の黒と昼間の鮮やかな色のコントラストもすてきです。

出版社「BL出版」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。