絵本

ことりようちえんのいちねんかん

幼稚園ってどんなところ?
子ども達の感情の変化とともに、ことり幼稚園での一年間の生活を描きます。

この絵本の内容紹介あらすじ

明日からことり幼稚園に通うあやちゃん。部屋にはピカピカの制服とカバンが一週間前から掛かっています。

その部屋で、あやちゃんは今日も一人で幼稚園ごっこを始めました。
「おなまえを よばれたら、おおきな こえで へんじを してくださいね」
「はーい」
先生と生徒の二役を一人で演じるあやちゃんは大忙し。

翌朝、いよいよ入園式の日がやってくると、あやちゃんは張り切って家を飛び出しました。

ところが、道で同じ制服の子を見つけると不安が募り、ママのスカートの後ろに隠れてしまうのでした。

不安そうなあやちゃんに気づいた女の子が「いっしょに いこう」と手を差し伸べると、あやちゃんはぎゅっと手を握って幼稚園まで一緒に歩いて行きました。初めて友達と手を繋いだあやちゃんは、不安よりも嬉しさが込み上げたのです。

入園式が始まると、あやちゃんの緊張もピークに。家に帰りたいと思うほどにドキドキが止まりません。
そんなあやちゃんですが、先生から名前を呼ばれると、大きな声で返事をすることができました。

次の日、幼稚園に行くと、男の子の泣き声が聞こえてきました。
「かえっちゃ いやだー」
その男の子は、お母さんと離れ離れになるのが嫌だったのです。

その泣き声を聞いたあやちゃんも、なんだか悲しい気持ちが芽生えてきました。そんなとき、昨日の女の子が手を引いてくれたのです。あやちゃんは泣きそうだったこともすっかり忘れてしまいました。

あやちゃんの手を引いてくれた女の子の名前は、ゆいちゃん。お姉ちゃんが昨年までことり幼稚園に通っていたので、幼稚園のことをなんでも知っていました。初めてのことばかりで不安なあやちゃんにとって、ゆいちゃんは頼もしくて素敵な友達になったのです。


初めての幼稚園は不安なことがたくさんあります。お母さんやお父さんと離れ離れになることが悲しかったり、お弁当を食べているとお母さんを思い出して会いたくなったり・・・。
そんな不安を友達と一緒に乗り越える姿が微笑ましく感じることでしょう。

幼稚園では、動物園に行ったり、お誕生日会が開かれたり、お兄さんやお姉さんと交流したりと様々な行事があります。
夏にはプールに入ったり、秋には運動会やお芋掘りをしたり、冬にはクリスマスのお楽しみ会が開かれたり、季節ごとに様々な行事もあるのです。

この絵本は、不安や安心、悲しみや喜びなど、子ども達の感情の変化とともに幼稚園での一年間を描きます。幼稚園での生活を予行演習するつもりで読み聞かせてみてはいかがでしょう。

出版社からの内容紹介

あやちゃんは、もうすぐ幼稚園に行きます。幼稚園って、どんなことをするのかな?
緊張の入園式、初めてのお弁当、遠足、プール、運動会に雪遊び……。幼稚園の1年間は楽しいことがいっぱい! あやちゃんが過ごす「ことりようちえん」の1年間を描きます。

・文/たかてらかよ さんからのメッセージ
この絵本のお話をいただいた時、我が家のおチビもちょうど幼稚園児でした。いつも自分のそばにいるのがあたりまえだったおチビが「きょうはこんなことをしたんだよ」と、その日幼稚園であったことを、たどたどしくも楽しそうに話してくれるのを聞くのは親にとって、とてもうれしい時間でした。
幼稚園は子どもが社会へふみだす第一歩。毎日、たくさんのお友達と新しい経験ができるはずです。この絵本を読んだ子どもたちが、「早く、幼稚園に行きたいよ~!」と期待に胸をふくらませてくれたらうれしいです。

・絵/鴨下 潤 さんからのメッセージ
八王子にある幼稚園に初めて取材にうかがったのは昨年4月の入園式でした。ぶかぶかの制服に身を包み緊張した表情の子ども達のなかには泣き出す子もちらほら。今は小学生になった娘の保育園時代の姿と重なり、心の中で「がんばれ~!」と必死にエールを送りました。
次にうかがったのは8月の登園日。あれれ? あの頼り無気な今にも泣き出しそうだった子ども達はどこ? そこには自信に満ちあふれた立派な幼稚園生たちがいました。子どもの成長ってほんとにスゴイ。
入園式を前に不安になっている子ども達! なーんにも心配いらないですよ。そして、さらにこの本を読んでおけばこわいものナシ! なのです。

出版社「講談社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。