絵本

こねこのおひげちゃん

出版社からの内容紹介あらすじ

母親になったつもりで子ねこのせわをやく女の子の心情と、やんちゃな子ねこのおひげちゃんの無邪気なしぐさを描いた、ユニークな絵本。レーベデフは、ソビエトの代表的な絵本作家。

出版社「岩波書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。