絵本

こねこのハリー

出版社からの内容紹介あらすじ

こねこのハリーは、お母さんと散歩にでかけました。ハリーは、お母さんが目をはなしたすきに、大きな家の屋根にのぼって、おりられなくなってしまいます。消防士さんに助けてもらったハリーは、帰りぎわ、名残惜しくて、いつまでも消防士さんに手をふっていました。お母さんは、ハリーに投げキッスをするように促しますが……。子どもの恥ずかしがる気持ちを描いた、愛らしい作品です。

絵本「こねこのハリー」の一コマ

絵本「こねこのハリー」の一コマ

出版社「福音館書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。