絵本

ここにいたい あっちへいきたい!

にひきの のみの はなし

吹き出しだけでノミを表現!? 見えないはずの表情までも見えてくるような、そんな錯覚こそがこの絵本の醍醐味。

この絵本の内容紹介あらすじ

犬の尻尾の付け根あたりで2匹のノミが暮らしています。そのうちの1匹は冒険心に溢れた積極的な性格で、もう1匹は内気で消極的な性格。この真反対な性格の2匹のノミが様々な動物の体を跳ね回ります。

「ぼくらは ここに ながいこと いすぎたよ。もっと いろんな ところを しりたいと 思わないかい?かんがえても みろよ –ぼくらは みみを みたことが ない。ぼくは あそこへ いきたいよ。」と、1匹のノミが言います。

それとは反対に、「ここは ふわふわで あたたかいよ。ぼくは いうことなしだ。ほうぼう はねまわる きは ないね。ぼくは ここに いたい。」と、もう1匹のノミは言うのです。

ところが、結局は2匹のノミは犬の耳元に引っ越しました。それからも1匹のノミが旅を望めば、もう1匹のノミが反対します。それでも結局は様々な動物の体を跳び回ることになるのです。

犬から鶏へ、鶏からハリネズミへ、ハリネズミからモグラへ・・・。2匹のノミの旅はまだまだ続きます。

地面の下を潜ったり、海を越えたり、空を飛んだり。ノミとは思えないほどのダイナミックな旅を通して、一体どこへ辿り着くのでしょう。


ノミは小さすぎるので、その姿は見えません。赤い吹き出しと青い吹き出しで2匹のノミの会話が展開されます。姿は見えずとも、その表情が見えるかのような錯覚に陥るはず。それこそが、この絵本の面白いところです。

姿の見えないノミを描くという発想自体にも面白味を感じることでしょう。

出版社からの内容紹介

性格が反対の2匹のノミがケンカしながら色々な動物の体に引越します。

出版社「好学社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。