絵本

コッコさんのともだち

すこーしずつお友達と近づいていく距離感がもどかしい!引っ込み思案のコッコさんが、みんなと遊べるようになるまでのお話。

この絵本の内容紹介あらすじ

おなじみのコッコさんシリーズの友だち編です。

保育園でいつもひとりぼっちのコッコさん。なかなか自分からお友だちの輪に入っていくことができません。ある時、「2人組になって」と先生が言うのでコッコさんは困ってしまいます。でもほら、よくまわりを見てごらん。同じようにもじもじしている女の子があそこにいるよ。

2人でもじもじしている姿がちょっとじれったいですが、本当に恥ずかしがり屋で慎重な性格のお子さん同士だとこうなるんだろうなぁと思います。やっとのことで手をつないだ2人。だんだんうれしくなって、もっともっとうれしくなって、うんとうんとうれしくなっていくのでした。

コッコさんシリーズはイラストのタッチがざっくりしていて、登場人物は自然な表情なのが特徴ですよね。今回はコッコさんやお友だちの会話も一切ないので、保育園の窓からそっと覗き見しているような気分になります。

似た者同士の2人はいつも一緒に遊んでいたけれどケンカをしてしまって…でも、もうひとりぼっちには戻らないんですね。友だちと遊ぶ楽しさを知っている2人は、他の子とも遊ぶようになります。そしていつのまにかみんなと遊べるようになっていく。子どもの心の成長は、こうやって徐々に広がっていく人間関係から得られていくものなんだなと実感します。お子さんになかなかお友だちができなくて心配な親子にぜひ読んでもらいたい絵本です。

出版社からの内容紹介

コッコさんは保育園で一人ぼっち。なかなかみんなと遊べません。でも、一人ぼっちの子が、もう一人いましたよ。引っ込み思案のコッコさんが、みんなと遊べるようになるまでのお話。

出版社「福音館書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。