絵本

こいしがどしーん

この絵本の内容紹介あらすじ

街は高層ビルが立ち並び、道路には渋滞するほどの車が溢れ、仕事ではコンピューターが大活躍する時代のこと、スーパーコンピューターが恐ろしい計算をしました。

「十五にちめの十じ二ふん。でかでかぼしが、ちきゅうに ぶつかる」

なんと、地球の千倍も大きい隕石が地球目掛けて落ちてくるというのです。

このニュースに、地球に住む生き物達は大混乱。おじさんは電柱によじ登り、おばさんは犬小屋に頭だけ突っ込み、犬や猫やネズミも路地を逃げまわります。クジラは大ダコに担がれて山へ逃げ出し、ゴリラはカバに乗って海を渡ります。

そうするうちに巨大隕石はどんどん地球に近づき、残り三十分で衝突するというところまでやってきました。

一方、山の上には浮世離れした仙人が暮らしていました。仙人は、霞を食べて、霞の屁をして、ぼーと暮らしています。これだけ発達したご時世に、仙人がいるとは誰も信じません。

その仙人が、山の下に向かって小石を「ころり」と転がしました。すると、小石は中くらいの石にぶつかって、中くらいの石は大きい石にぶつかって、大きな石はゴツゴツした岩にぶつかって・・・、最後は大岩が転がり始め、「どしーん」と勢いよく地面を叩きつけました。その勢いは物凄く、ぶつかられた地球は少しだけ横にずれて・・・。

さて、巨大隕石が接近する地球はどうなってしまったのでしょう。


このお話は、バタフライ効果(非常に些細なことが様々な要因を引き起こし、段々と大きな現象へと変化すること)を描いたかのよう。蝶の羽ばたきが嵐を巻き起こすという例え話を、内田 麟太郎氏流に、長 新太氏流に描くとユーモアたっぷりに仕上がるのでしょう。という堅苦しい話は抜きにして・・・。

「これ、どんな意味があるんですか?」と真面目で堅苦しいご時世だからこそ、肩の力を抜きたくなるものです。「まさか、こんな仙人が地球を救うとは・・・」というこの絵本は、今の時代を見つめ直すきっかけになるかもしれません。毎日を忙しく過ごす人にこそ読んで欲しいナンセンス絵本です。

出版社からの内容紹介

「ピコ ピコ ピー」 スーパー・コンピューターが計算をしています。「15日目の10時2分。でかでか星が、地球にぶつかる」地球のみんなは、大慌て。おじさんもおばさんも、イヌもネコも、クジラもゴリラもあわてて逃げ回っています。そのとき、山の上の仙人が、小石をころりと転がすと……。ちっぽけな石ころと、でっかい隕石を巧みに対比させた、壮大な世界の広がるナンセンス絵本。強烈で迫力あるイラストが魅力です。

出版社「童心社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。