絵本

きつねとうさぎ

出版社からの内容紹介あらすじ

きつねに家をとられてしまったうさぎのために、おおかみや、くまや、うしが次々ときつねを追い出そうとしますが、きつねの恐ろしさにみんな逃げだしてしまいます。うさぎが野原で泣いていると、今度はおんどりがやってきて、いっしょにきつねを追い出そう、と言います。さあ、どうなるでしょう。 ロシアの昔話がダイナミックかつユーモラスに描かれ、ロシアのフォークアートの味わいが全編に漂う美しい絵本。

絵本「きつねとうさぎ」の一コマ

出版社「福音館書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。