絵本

きっとそこにいるから

大好きな犬との永遠のお別れ。その葛藤を女の子の一人称視点で描いた物語。

この絵本の内容紹介あらすじ

君が空に旅立って、もしかしたら・・・と願いますが、戻ってくることはありません。涙が枯れるほどの悲しみですが、お花で綺麗に飾ってお別れしました。

初めて会ったときは、とても小さな子犬でした。海でじゃぶじゃぶ遊んだり、雪の中をお散歩したり、一緒に暮らす日々はとても楽しいことで溢れていました。

来年の春も桜でピンク色に染まった並木道を一緒に歩けると思っていましたが、今はもう叶いません。

君はもうどこにもいません。君がいない部屋は空虚に感じます。それを紛らわせるために、ベッドも首輪も全部を片付けました。思い出を箱に入れて、そっと閉じたのです。

それでも簡単に忘れられるものではありません。会いたいし、ふれ合いたいのです。

「たまには外に出てごらん」
そう言われて、手を引かれながらドアを開けてみると・・・。見上げた空には、ふわふわの雲。足元には、ころんとした石や小さな花。そのどれもが君に似ていると感じるのです。

会いたいと願うなか、ふと君の存在を感じます。風の中に。光の中に。木の中に。星の中に。見えないけれど、いつもそばにいてくれたのです。


女の子の一人称視点で描かれた物語。子犬と出会い、楽しい日々を過ごし、その日々が過ぎ去り、突然のお別れを迎えます。悲しみに暮れる女の子は「きっとそこにいるから」と、自然の中に愛犬の存在を感じ、笑顔でいることにしたのです。

女の子の「お別れ」に対する葛藤を、静かに穏やかに描きます。この物語から何か大切なことを感じるはずです。大切な存在をを失った人々に、癒しや大切な気づきを与えてくれることでしょう。

著者:松尾 たいこ氏は、15年間連れ添った愛犬との別れを経験しました。その受け入れ難い経験に想いを巡らせて描いた絵本です。

出版社からの内容紹介

風のおと、陽のひかり、星のまばたき。
姿は見えなくても、世界のどこかに、きみはいる。
大事な存在をうしなったすべての人に捧ぐ、感動の絵本。

【内容】
最愛のペットを失い、悲しみにくれる少女。
彼女が再び前を向こうと思えるようになったのは……。

愛犬とのかけがえのない日々の思い出、そして、いなくなってからも実はそばにいるんだよ、というサインが美しい季節の風景の中にかくれていることに、少女は気づきます。

イラストレーターとして活躍中の松尾たいこが、愛犬を失った自分自身の経験をもとに、ペットを失う悲しみ、つらさと、そこから立ち上がっていくまでを美しい色彩で描きました。

心に押し寄せる気持ちをそのまま素直にうつしとったような色彩は、大切な存在を失うつらさと悲しみに、そっとよりそってくれるはず。

四季の移ろいゆく美しい風景の中に、きみはいる。
いままでも、これからもずっと。

【著者からのメッセージ】
15年一緒に暮らした愛犬を亡くしました。
高齢とはいえ、まだまだ一緒にいられると思っていただけに、その死は悲しくて受け入れ難く、立ち直るには時間が必要でした。
最愛のペットとの別れの悲しみを癒す方法は人それぞれ。
そのひとつとしてこの絵本が役立ったら嬉しいなと思っています。

出版社「集英社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。