絵本

きんぎょが にげた

金魚鉢から逃げた金魚を見つける赤ちゃん向けの絵探し絵本。

この絵本の内容紹介あらすじ

金魚が水槽から飛び出しました。これからどこに行くのでしょう。

まずは、金魚そっくりの模様のカーテンの中。
それから次は、金魚と同じ赤色のお花。今度はカラフルなキャンディーが入った瓶の中。と思ったら次はいちごの入ったお皿の上に・・・。
次々と場面が変わり、そこに溶け込んだ金魚を探すのがとっても面白い絵本です。

絵本を読みながら「きんぎょさん、どこ行ったかな?」と聞くと金魚を指さして教えてくれかもしれませんね。
初めは指差しだけで、言葉が出てくると「ここ」と話したりして子どもの成長も実感できることでしょう。

初めてのお子さんをお持ちの方の中には、まだ絵本は難しいかなぁ、いつから読み聞かせを始めたらいいんだろう、と悩んでいる方もいらっしゃるかもしれません。
学校の授業ではないのですから、「はい、ではこれから絵本の時間です」なんて、子どもの中では決まっていません。

でも、そんな悩めるお母さんには五味太郎さんの絵本がぴったり!
五味太郎さんは、日本の代表的絵本作家で、誰でもと言っても過言でないくらい、1度は五味さんの絵本に接しているのではないでしょうか。

鮮やかなのにどぎつくない、描かれた物すべてにその優しさがこもっていて、子どもは心穏やかにその五味太郎さんの描く世界の中に入っていけることでしょう。
絵本に触れ始める最初の頃に、ぜひ手にとって欲しい1冊です。

出版社からの内容紹介

「きんぎょがにげた」「どこににげた」金魚鉢から逃げだした金魚は、カーテンのもようの中に隠れたり花の中に隠れたり。子どもたちの大好きな絵さがしの絵本。広い場所でも読み聞かせに最適な大型絵本にしました。

出版社「福音館書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。