絵本

きいろいのはちょうちょ

ちょうちょっぽいけど、これは本当にちょうちょ?黄色いちょうちょを捕まえようと虫あみを持った少年のお話。シンプルな切り抜き仕掛けの絵本。

この絵本の内容紹介あらすじ

黄色いちょうちょを捕まえようと虫あみを持った少年のお話です。とってもシンプルだけど飽きのこない仕掛けが面白い絵本です。

最初のページでは、ちょうちょの形の切り抜きがあります。切り抜かれたところの次のページが黄色なので黄色いちょうちょに見えますよね。

でも、少年が虫あみで黄色いちょうちょを捕まえようとすると実はちょうちょではないんです。ページをめくると・・・、黄色いお花でした。

さらにページをめくるとちょうちょの形の切り抜きがまた出てきます。ここも切り抜かれたところの次のページが黄色なので黄色いちょうちょに見えますよね。

でも、黄色いちょうちょを捕まえようとすると・・・、やっぱりちょうちょではないんです。ページをめくると・・・、黄色い果物でした。

切り抜きのページと黄色いイラストが描かれたページを交互に繰り返すシンプルな仕掛け絵本です。小さなお子さんにも直感的に楽しさが伝わる仕掛けとなっています。

最初は、黄色いちょうちょではないことにびっくりしますが、だんだん流れが読めてくると次は何かな?次は何かな?っと想像力を働かせながら楽しむことができますね!

出版社からの内容紹介

ちょうちょ! と思って網をかぶせると意外や意外、花や木の実や風船で失敗また失敗。蝶の形の穴あきしかけでめくる楽しさ抜群!

出版社「偕成社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。