絵本

けんかのきもち

自分と向き合い、相手と向き合い、ケンカしながらも成長していく男の子たちのお話。

この絵本の内容紹介あらすじ

ケンカは素手でやること。
ケンカは1対1でやること。
ケンカはどちらかが辞めたくなったら辞めること。

これがケンカの約束です。この約束を守れば、ケンカは悪いことばかりでなく、ケンカする前よりも仲良くなれるのです。

これは、子どもたちの遊び場「あそび島」でのお話。「あそび島」には、先生もいて、毎日、たくさんの子どもたちが遊んでいます。

たい君は、家の隣にある「あそび島」で毎日遊んでいます。そして、一番の友達は、こうた君です。

たい君とこうた君は大の仲良し。それなのに、ある日、取っ組み合いのケンカをしてしまいます。

蹴りを入れたり、パンチしたり、掴まれたり。蹴りを入れられたり、パンチされたり、掴まれたり。

こうた君は、とても強くてビクともしません。ついには、たい君は床に倒されてしまうのでした。

「もう いやだ!」とたい君が降参すれば、こうた君は「おわりにする!」と言って、たい君の肩をどつきます。

その拍子にたい君が尻餅をつくと、悔し涙が溢れ出ます。たい君は走って家に帰ると、お母さんにくっついて涙がさらに溢れ出ました。泣きたい気持ちがなくならないないのてす。

それから、あいこ先生が家にやって来ました。
「たい おやつ いっしょにたべよう。さっき みんなでつくった ぎょうざだよ」
そう言って、たい君とたい君のお母さんを誘いに来たのです。

たい君は、絶対に返事しないと心に決めます。お母さんも誘われましたが、お母さんも行かないに決まっているとたい君は考えました。

ところが、絶対に行かないと思っていたお母さんは、おやつに誘われて行ってしまいます。「なんでだよ!」という憤りが、たい君の心の中で渦を巻きます。

お母さんが帰ってくると、たい君を誘いにみんなも来ました。そして、「ごめんな!」とこうた君が大きな声で謝ります。

ところが、「なんで あやまるんだよ!」と、惨めな気持ちがたい君の心の中で渦を巻きます。たい君の中では、『けんかのきもち』は終わっていないのです。悔しさのあまり、たい君の涙は止まりません。

果たして、『けんかのきもち』は終わるのでしょうか。たい君とこうた君は仲直りできるのでしょうか。


ケンカを通して、たい君の心の葛藤を描きます。ケンカに負けた悔しさ、味方してくれない憤り、謝られる惨めさ、仲直りする照れ臭さ、様々な気持ちの変化が渦を巻くように押し寄せます。

ケンカと言うと悪い印象が強いですが、ケンカを通して分かり合えることもあるのです。『けんかのきもち』と向き合うことで、自分を理解し、相手を理解できるのでしょう。

そういった成長の先には、取っ組み合いのケンカではない、他の解決策を見出せるようになるはずです。

出版社からの内容紹介

この絵本の舞台「あそび島」には、3歳から高校生くらいまでのひとたちがやってきます。
「あそび島」では、子どもも大人もみんなまるごとでつきあっています。
だから、ときにはぶつかり合い、ときにはものすごく心を揺さぶられる事件がおこります。
そんな「あそび島」のできごとを、絵本にしました。
この絵本といっしょに、まるごとでつきあうきもちよさが、たくさんの子どもと大人に伝わっていきますように。

出版社「ポプラ社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。