絵本

数え方のえほん

出版社からの内容紹介あらすじ

『「和」の行事えほん』や『テーブルマナーの絵本』など、「知っておきたいこと」が、親子で楽しく学べる髙野紀子さんの人気シリーズ、新作は「数え方」の絵本です。
ホットケーキの数え方は、「1枚、2枚」。でも、2枚のホットケーキを重ねれば「1組」となり、その1組のホットケーキを切ると、「ひと切れ、ふた切れ」に。
数字の読み方も「いち(まい)」と読んだり、「ひと(くみ)」と読んだり、変化します。
ふだん意識せず使っている言葉も、こうしてみると案外複雑。
そんな基本はもちろん、知っていそうで意外と知らない助数詞や、昔から日本で使われていた数え方や単位まで、イラストでわかりやすく紹介します。
数字をおぼえはじめる時期に親子で読めば、数のみならず、一歩進んだ美しい日本語が、自然に身につくことと思います。

●「花」は、1輪?それとも1本?
●魚の数え方…「尾」「本」「枚」の使い分けは?
●「かに」の数え方は?
●「着」と「枚」の違いは?など

出版社「あすなろ書房」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。