絵本

風のよりどころ

独特な世界観が恐ろしいような、惹きつけられるような・・・。怪物達が蠢く暗闇の世界で何かが始まろうとしている。

この絵本の内容紹介あらすじ

「くらがりが 居座っている─」
「影たちが うなりをあげる─」

暗闇の中で怪物達が獲物を探して蠢いています。
お話が進むにつれ、その怪物達がじわりじわりと迫ってくるような感覚を覚えることでしょう。

幾何学模様で描いたような怪物達のイラストと手書きの短文が組み合わさって、見事に没入感を演出します。

黒色と橙色だけで描かれた独特な世界観に引き込まれるような、印象に強く残るお話です。

ちょぴり恐ろしいような、それでいて興味をそそられるような、何とも表現し難い抽象的な世界観が広がります。

出版社からの内容紹介

五味太郎さん推薦!
「くらやみに きづいた きみのめは たしかだ。 さて それから…」

絵本シーンにさっそうと登場し、いまもっとも注目を集める奇才・長田真作がなによりも描きたかった世界――未知の世界にひそむ予兆、出現、予感を、独特の世界観と色彩で表現した、あふれんばかりの好奇心でいっぱいの子どもたちへとどける贈りもの。

もう そこまで きている――
じわりじわりと――
なにかが はじまろうとしている――

出版社「国書刊行会」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。