絵本

からすのパンやさん

パン屋の仕事と子育ての両立はとっても大変!カラス家族が作る変わった形の美味しそうなパンが魅力的な絵本です。

この絵本の内容紹介あらすじ

いずみがもりは、千本以上の大小様々な木々が生い茂るカラスの町です。木々の上にはカラスのおうちがあって、その一つにカラスのパン屋さんがありました。

カラスのパン屋さんのお家では、四羽の赤ちゃんが生まれます。でも、この赤ちゃんたちは、黒色ではなく、白色や黄色、赤色、茶色、それぞれ違った色をしていました。

白色のカラスはオモチちゃん、黄色のカラスはレモンちゃん、赤色のカラスはリンゴちゃん、茶色のカラスはチョコちゃん、カラスの夫婦は色にぴったりの名前を赤ちゃんカラスに名付けて大事に大事に育てます。

四羽の赤ちゃんを育てながらパン屋を切り盛りするのはとっても大変なことです。

お父さんカラスは、朝早く起きてパンを一生懸命に焼きますが、赤ちゃんが泣き始めるとあやしたり、抱っこしなければなりません。赤ちゃんに構っていると次はパンが焦げたり、半焼けになったりしてしまいます。

お母さんカラスもパン屋を綺麗に掃除しますが、赤ちゃんが泣き始めるとおっぱいを飲ませたり、おしめを替えたり大忙しです。赤ちゃんに構っていると次はお客さんを待たせてしまったり、掃除がおろそかになってしまいます。

カラスの夫婦は、パン屋の商売に集中できず、だんだんとお客さんの足が遠のいて、だんだんと貧乏になってしまいました。

カラスの赤ちゃんはすくすくと成長していきますが、カラス夫婦の苦労なんて露知らず、騒いだり、イタズラしたり、おねだりしたりと元気いっぱいです。

相変わらず焦げたパンや半焼きのパンを作ってしまい、そのパンは子どもたちのおやつになりました。そして、子どもたちがあんまり美味しそうにパンを食べるので評判が広がっていきます。

カラスのパン屋の評判が広がり始めると、お店は大忙しです。子どもたちもお客さんを喜ばせようとパン作りを手伝うようになるのでした。

町中で評判が広がったパン屋さんはお客さんで溢れて大騒ぎ。カラスのパン屋の騒ぎは大きくなる一方ですが、一体どうなってしまうのでしょう。

予想外の展開がとっても愉快なお話です。自由気ままなカラスの子どもたちが、お父さんやお母さんの仕事のお手伝いをするようになる姿は、とても微笑ましく感じることでしょう。

そして、カラス家族が作るパンの数々はとっても香ばしくて美味しそうな様子が伝わってきます。変わった形のパンたちが、画面いっぱいに登場するとワクワクすること間違いなしです。

カラスと言えば嫌われ者の存在になりがちですが、愉快で楽しいカラスたちの様子に親近感が湧いてくる絵本です。

出版社からの内容紹介

いずみがもりのからすのまちのパンやさんは、子どもたちの意見を参考にして、すてきな形のパンをどっさり焼きました。

出版社「偕成社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。