絵本

カケルがかける

出版社からの内容紹介あらすじ

「橋をかける」
「声をかける」
「塩こしょうをかける」…。
「かける」という言葉は、同じ音で様々な意味を持つ「同音異語」。
「かける」がつく言葉を集めたら、楽しいおはなしになっちゃった!?

キツネにロープをかけられて、こわれれかけの小屋に連れて行かれたこぶたのカケルはどうなるか…。

ロングセラー絵本作家きむらゆういちの新境地!

出版社「えほんの杜」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。