絵本

かいもの さんぽ ゴムぞうり

出版社からの内容紹介あらすじ

荒井良二の美しいリズムの言葉は永遠の時間を感じさせ、多彩なアーティスト古賀鈴鳴の伸びやかな絵の調和がすばらしい。少年の心にあふれる夢と冒険の世界を描いた絵本。

出版社「岩崎書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。