絵本

かいぶつ ぞろぞろ

絵にみるたし算のいきもの

出版社からの内容紹介あらすじ

足やつばさが生えた魚、1本ヅノの馬。古い絵や本の中には、ふしぎないきものがいっぱい。よくみると、そのすがたはいろいろなどうぶつのたし算からできあがっています。何千年も前から、人間はたし算をつかった絵をたくさんえがいてきました。みたこともないものにあこがれたり、正体のわからないものをこわがったり。絵の中のたし算には、そんなきもちを目にみえるかたちにしてくれる力があるのです。

絵本「かいぶつ ぞろぞろ 絵にみるたし算のいきもの」の一コマ

出版社「福音館書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。