絵本
かがみのえほん

かがみのサーカス

鏡の中の不思議なサーカスのお話。合わせ鏡の仕掛けがユニークで面白い絵本。

この絵本の内容紹介あらすじ

ある日、男の子がクラウンに連れられて鏡の中の不思議なサーカスに招待されるというお話です。
この絵本はページが鏡になっており、合わせ鏡の原理で絵が反射して不思議な奥行きができる仕掛けとなっています。

部屋にあるドレッサーの鏡の中からクラウンが「かがみの なかへ さあ おいで」と誘っているので男の子は驚いた様子です。

男の子はクラウンに手を引かれてサーカステントの中へと胸を躍らせながら入ってきます。

テントの中では、さっそく楽しいサーカスが開演です。最初に登場するのは、一輪車を乗りこなしながら帽子投げをする双子のクラウンです。

他にも、バランス曲芸や本物のゾウの滑り台、射的や空中ブランコなども披露されます。鏡の反射が照明のようにサーカスのステージをキラキラ輝かせ、臨場感を演出します。

イラストやテキストのみでは表現できないことを合わせ鏡を使うことによって、巧みに表現した面白い絵本です。普通の絵本では体験できない新しい体験をこの絵本はきっと与えてくれることでしょう。

出版社からの内容紹介

鏡のように反射する紙でつくられた「かがみのえほん」シリーズ第3弾。ある日、鏡台をのぞきこんだ男の子。すると、おやおやふしぎ! 目の前にサーカスのクラウンが。クラウンに誘われて、鏡の中のカラフルなテントに入ると、クラウンや動物たちが、つぎつぎと楽しい芸を見せてくれます。さあ、男の子も、飛び入りで芸にチャレンジ! いろんな種目に挑戦して、いよいよクライマックス。とっておきの大技は……?!

出版社「福音館書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。