絵本

カエルのおでかけ

やったー!今日は大雨だ!カエルにとって「いい天気」って?

この絵本の内容紹介あらすじ

テレビの天気予報が明日の天気を知らせます。明日の天気はいい天気。そこで、カエルはお出掛けをしようと考えました。

翌朝、カーテンを開けると外は大雨。ところが、天気予報は当たっています。カエルにとって雨は何よりもいい天気なのです。

せっかくの大雨に、カエルは居ても立っても居られません。さっそくお出掛けすると、傘も差さずに全身びしょ濡れ。だからこそ、カエルはとっても上機嫌。道行く人は浮かない顔で傘を差して歩いていますが、カエルだけは真逆なのです。

カエルはカツバーガーを買って、それから公園に出掛けます。そして到着すると、公園は水浸しになっていました。その光景にカエルはさらに大喜びです。

せっかくのサクサク出来立てのカツバーガーが雨に濡れてぐちょぐちょ。カエルにとってはそれだから美味しいのです。

食事の後はお昼寝です。もっと水に当たろうとカエルは服を脱いでお昼寝しますが、寝ているうちに雨が上がり・・・。


道行く人が傘を畳めば、そのときこそカエルにとっては傘の出番。カエルと道行く人の対照的な姿が面白い絵本です。晴れても雨が降っても陽気なカエルの姿を見ているうちに、なんだか雨も悪くないような・・・気がしてくるはず。

出版社からの内容紹介

どしゃぶりの天気に喜び勇み、ピクニックに出かけるカエル。大雨の中、デッキに横たわり、サングラスをかけて…。今注目の絵本作家、高畠那生が、何もかもあべこべな世界を描いた、とびきりユーモラスな絵本!

出版社「フレーベル館」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。