絵本

かえるのはなび

ぞうの鼻を砲台にして打ち上がる大迫力の花火大会を描いた絵本。

この絵本の内容紹介あらすじ

森の中にあるかえるの花火工場に花火大会を待ちきれないぞうがやってきました。そして、たくさんの花火を鼻の中に詰め込んでしまいます。

ぞうの鼻はたくさんの花火が詰まってボコボコになってしまい、「ホゴ ハガ ホゴ ハガ」としかしゃべれなくなってしまうのでした。

夕暮れ時、森の動物たちが集まってきたところで、かえるはぞうの鼻の先に火を着けます。きりん、ライオン、うさぎ、シマウマ、カバ、ワニ、などなど、たくさんの動物たちが見守る中で、ぞうの鼻から花火が発射!
いったい、ぞうの鼻はどうなってしまうのでしょうか……。

花火に照らされた動物たちの姿はきれいで、ページいっぱいにたくさんの花火が描かれている場面は迫力満点!

たくさんの花火が詰まってボコボコしたぞうの鼻や「ホゴ ハガ ホゴ ハガ」としかしゃべれなくなってしまう姿には、思わず笑顔になってしまうでしょう。そして、ぞうの鼻がどうなってしまうのか、ハラハラする展開に続きが気になってしまいます。

はなはなを掛けわせたような花火大会のお話です。
早く花火を見たいぞうさんですが、自分の鼻を砲台にして花火が打ち上がるので恐くて終始目をつぶってしまうという展開に教訓のようなものを感じる絵本です。

出版社からの内容紹介

花火作りの名人のかえるは、花火大会の準備に大忙し。
ところが、そこへ来た欲ばりゾウさんが、大事な花火を長い鼻の中に…。
さあ、花火大会はいったいどうなってしまうのでしょう。
ナンセンス作家・長 新太が描く、何だかヘンだけど、楽しいおはなしです。

出版社「佼成出版社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。