絵本

一ねんせいに なったら

子ども達の無限大の可能性を迫力満点に描いた絵本。

この絵本の内容紹介あらすじ

一ねんせいに なったら
一ねんせいに なったら
ともだち ひゃくにん できるかな♪

この歌詞、誰でも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。みんなの大好きな童謡が絵本になりました。

富士山の上で、友達百人でおにぎりを食べたい!
日本中を友達百人で駆けたい!
世界中を震わせるほどに、友達百人で笑いたい!

小学一年生になったら友達百人でこんなことをやってみたい、そんな子ども達の無限大の可能性を迫力満点に描いた絵本です。

大勢の子ども達が描かれた見開きのページは迫力満点ですが、子ども達一人一人の表情や仕草が個性的に描かれています。友達百人と言っても、その一人一人を見渡してみると、その一人一人に個性があることを実感できます。


この絵本には歌詞や楽譜が載っているので、親子一緒に、友達と一緒に楽しく歌ってみてはいかがでしょう。

出版社からの内容紹介

いちねんせいに なったら♪

まど・みちお作詞による、みんなの大好きな童謡が絵本になりました。

1番から3番の歌詞に絵をつけた歌絵本です。
100人のこどもたちが、食べたり、かけたり、笑ったりする迫力ある絵が見どころ。

贈りものにも最適です。
新一年生にも、かつて一年生だった人にも、読んで歌って、元気が出る絵本です。

出版社「ポプラ社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。