絵本

いただきまあす

この絵本の内容紹介あらすじ

目の前に美味しそうなご飯。クマの赤ちゃんはスープを飲み始めると、テーブルや食事エプロンにさっそく零してしまいました。

そのうえ、パンを食べようとしても、フォークが上手に扱えません。刺したフォークがパンを突き抜けてしまうのでした。

このように、クマの赤ちゃんは失敗ばかりを繰り返してしまいます。ジャムを食べようとしてもパンに上手く塗れず、スパゲッティを食べようとしてもフォークに上手く巻けません。

クマの赤ちゃんの試行錯誤

「たべられない たべられない!」
「どうすれば いいのかな?」

困ったクマの赤ちゃんはじっと考え、そして何かを閃きました。なんと、スパゲッティにスープをかけることにしたのです。さらには、そこにサラダを混ぜ、フォークもスプーンも使わず、手で食べ始めました。


ピクトブック編集部の雑談

アイコン画像

お行儀の悪いクマの赤ちゃんだけど、美味しそうに食べてるね!

アイコン画像

うんうん。
お行儀良くするのも大切だけど、美味しく食べるほうが大切なのかも。

アイコン画像

きっと、これでもクマの赤ちゃんなりに試行錯誤してるんだよ。
そう考えると、これはこれで成長の一歩なのかもしれないね♪

アイコン画像

あれやこれや手をかけることもあるけど、見守ってあげるのも大切なんだね。

出版社からの内容紹介

これはお行儀の本ではありません。いざ食事をはじめようとするくまくん=幼児の悪戦苦闘ぶりをあるがままに、しかしあたたかくユーモラスに語った楽しい絵本です。

出版社「福音館書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。