絵本

いっすんこじろう

出版社からの内容紹介あらすじ

言葉の魔術師、内田麟太郎と異能のクレヨン画家、加藤休ミ、初めての共作。

ちいさな侍の子ども、「いっすんこじろう」と虫たちが繰り広げる、冒険活劇譚。

武者修行の旅に出ている「いっすんこじろう」。今日も相棒「たまきち」にまたがり旅を続けます。今回の敵は「キリナシ」という妖怪のようで……おそろしいといううわさだけで、全くわかりません。「きりなく たべる ようかいかな……」と、そのときなまぐさい風がぷ~んと。みると、虫達が風に乗って吹き飛ばされていきます。「なにごと!」ふたりが後をおうと、そこには……。

出版社「WAVE出版」より
3歳4歳5歳内田 麟太郎加藤 休ミWAVE出版
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。