絵本

ごはんのにおい

出版社からの内容紹介あらすじ

朝、ごはんのたけるにおいで目を覚ました。
『あーいいにおい』
ご飯粒がついたほっぺを見ておかあさんが教えてくれた。お米にまつわるお話しや、あさごはんはどうして食べていくといいのか。
日本人が2000年以上も前からたべつづけているごはん。
お米の大切さ、ごはんの偉大さが詰まった ごはんのにおいがしてくる絵本。

絵本「ごはんのにおい」の一コマ

絵本「ごはんのにおい」の一コマ

出版社「おむすび舎」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。