絵本

ことばのこばこ

この絵本の内容紹介あらすじ

声にだして読みたい!たのしい文字がいっぱい!
絵本だけど、文字を楽しんでほしい!

文字というと文章かと思われるかもしれませんが、ことば・文のちからや面白さを感じさせてくれて、決して難しい文章ではないので繰り返し読みたくなる絵本です。
お子さんはどんどん声に出して読みたくなるはず!楽しく色々なことばや文字を覚えられるかも!?

こんなにたくさんのことば遊びがあったのか、その手があったかと思わせるような斬新なアイデアで最後まで飽きずに読めます。
大人も楽しめるので、ぜひお子さんと一緒に読んでみてください。

それぞれの文に合った和田誠さんの絵がほのぼのしていて可愛いくて時にはとぼけててクスっと笑えます。
親子で「ことばのこばこ」を作ってみたくなるおすすめの一冊です。

出版社からの内容紹介

しりとり、句読点遊び、回文、かぞえうた、なぞかけなど、18種類のことばあそびを、軽妙なタッチのイラストで楽しむ大型絵本。

出版社「瑞雲舎」より