絵本

オーロラみつけた

この絵本の内容紹介あらすじ

今日、少年アポロは初めて一人で宇宙船を動かします。アポロと一緒に搭乗するのは猫のたけし。おじいさんに見送らながら宇宙の散歩に出発です。

ちょっと遠いけど太陽の近くまで行くことにしたアポロ。その途中、青い星を発見します。太陽があくびをすると、急に強風が吹きました。そこで、アポロとたけしは青い星で風が収まるのを待つことにしました。

ところが、青い星は何かのバリアで包まれているよう。青い星に近づいた宇宙船は制御不能となり、しまいには故障してしまいます。アポロもたけしも大慌て。このままでは地面に墜落してしまうのです。

するとそのとき、突然と宇宙船が優しい光に包まれました。そして、「だいじょうぶ?」と誰かの声が聞こえてきました。この声の主は電気の妖精。アポロとたけしを助けてくれるのでした。

その電気の妖精は、オーロラを作る仕事をしています。この青い星は酸素に溢れているので、赤や緑のオーロラができるのだと教えてくれました。

アポロとたけしを守ってくれた電気の妖精達は、宇宙船も修理してくれるのだと言います。修理する間、「散歩でもしてきたら?」と提案しました。

そこで、アポロとたけしは青い星の地上に降り立ちます。そして、上空のオーロラに圧倒されるのでした。電気の妖精が酸素に触ると、赤や緑の光が煌めきます。その光が鳥のように見えたり、ドラゴンのように見えたり、圧巻の光景が広がります。

ところが、アポロがオーロラに夢中になっている間に、たけしの姿が消えてしまいました。どうやら、たけしは森の中に消えていってしまったのです。

アポロとたけしは再開することができるのでしょうか。そして、どうして猫のたけしは森の中に消えていってしまったのでしょう。


この絵本の巻末には、オーロラの種類やオーロラが発生する仕組みの解説が付いています。オーロラの物語を楽しみながら、地球の神秘にふれてみてはいかがでしょう。

また、この絵本に登場する猫のたけしにはモデルがいます。それは、南極観測船「宗谷」とともに南極に向かい、昭和基地で観測隊員と一緒に過ごした三毛猫です。巻末では、猫のたけしのモデルについても解説されます。

出版社からの内容紹介

本書は、オーロラのしくみとその美しさをかわいいイラストで伝える科学絵本です。
青い星に迷い込んだ少年とねこが出会う珍しいオーロラたちをカラフルに描いた冒険物語。オーロラの発生のしくみと、様々な形と色・・・その美しさを物語に託します。

オーロラ研究者の片岡龍峰とイラストレーターの川添むつみによる正しい科学の知識を伝える絵本となっています。巻末には、たくさんの画像を掲載したオーロラの発生のしくみや種類に関する解説も掲載しています。
対象年齢は、幼児(4歳くらい)から小学校低学年を想定しています。本文は全てひらがな・カタカナ、解説は全てルビがふってあります。
是非、親子で親しんでいただきたい1冊です。

出版社「ジャムハウス」より