この絵本の内容紹介あらすじ

こっちはアメリカのタンク。こっちはソビエトのタンク。男の子は、テーブルにおもちゃを広げて遊んでいました。

こっちはソビエトのミサイルで、こっちはアメリカのミサイル。どちらも一つ10億円です。

こっちはアメリカの街で、こっちはソビエトの街。みんなは平気な顔で暮らしています。ところが、誰かがボタンを押せば、あっという間に街は吹き飛びます。

こっちはソビエトの子どもで、こっちはアメリカの子ども。二人も今は仲良しですが、おもちゃ一つを取り合って、敵と味方で喧嘩が始まります。

戦争が始まると、銃弾が激しく行き交い、戦車の大砲も迫力満点。勝てば正義、負ければ悪です。

人を殺しても誰にも叱られない。戦争は便利です。

負けた方も勝った方も、みんな死んでしまいます。結局はおあいこなのです。

戦車や飛行機を格好良いと、最初は楽しく遊んでいた男の子。ところが、戦争によって誰も彼も死んでしまうのを想像して、段々と恐怖が迫ってきます。


テーブルの上で繰り広げられる「戦争ごっこ」を通して、戦争の醜さや恐怖、虚無感を描きます。

現実の戦場を兵士として経験したことのない自分にとって、戦争という悪をどのように捉えることが出来るか。戦争反対の声を上げる以前に、自分自身の内面に、戦争につながる意識下の衝動があるのではないか。そう考えながら、谷川俊太郎氏はこの絵本のテキストを書きました。

戦争が遠くにあっても、戦争が近くになくても、戦争について考えさせられる絵本。三輪 滋氏のポップなイラストも衝撃的です。

出版社からの内容紹介

「せんそうごっこ」。なぜ私たちはあの遊びに惹かれたのでしょうか。その内面に潜むものを掘り下げていくと……。「戦争反対の声をあげる以前に、自分自身の内面に戦争につながる意識下の衝動があるのではないか。そう考えながらこの絵本のテキストを書きました」(谷川俊太郎のあとがきより)。ラジカルな文とポップな絵が見事に融合。戦争への関心高まる今こそ、読んでほしい大人のための絵本!!

出版社「いそっぷ社」より