絵本

ほしずなのうた

出版社からの内容紹介あらすじ

青い海、白い浜、そこにひろがる星砂を思い浮かべるだけで、なんだかロマンチックな気分になります。 おそらく、昔の人々も星の形をした不思議なものを見て、いったいどこからきたのだろうと、思いをめぐらしたことでしょう。そして、その形から、天に輝く星と関係があるに違いない、きっと星の子どもだ、とイメージをふくらませて、おはなしができていったのでしょう。

出版社「アスラン書房」より
熊本電力を検討する男女

実質、今の電気代は過払い状態!?

最安水準と話題の新電力を徹底解説!

電力会社の見直しは早いに越したことはありません。
むしろ今しなければ損する割合が大きくなります。