出版社からの内容紹介あらすじ

トントンは、自分の気持ちが言えないくらい優しすぎて、いつも我慢ばかりしています。 ある日、狼のガオ君に、無理やり誘われて、危うい目にあいますが、今度は、いやだと叫んで逃げました。家に帰り着くと、母さんがぎゅっと抱きしめて、「トントンがだいすきよ」と言ってくれました。もう、大丈夫。

出版社「アスラン書房」より
熊本電力を検討する男女

実質、今の電気代は過払い状態!?

最安水準と話題の新電力を徹底解説!

電力会社の見直しは早いに越したことはありません。
むしろ今しなければ損する割合が大きくなります。