絵本

どうぞのいす

この絵本の内容紹介あらすじ

ウサギさんは小さな椅子を作りました。
けれども、その椅子をどこに置くかは決めていませんでした。

「さて、この いす、どこへ おこうかな。」

少し考えて、野原の大きな木の近くに置きました。

その椅子の横には『どうぞのいす』と書いた立て札も立てました。

どうぞ、ご自由にお使いください

そこへ最初にやってきたのはロバさんです。ドングリの入った大きなカゴを背負っています。

「おや なんて しんせつな いすだろう。」

そう言って、自分が座る代わりに、背負っていたカゴを椅子の上に置きました。

ロバさんはドングリを拾った帰りで疲れていました。そこで、大きな木の下に腰掛け、しばらく休憩することに——。ところが、ついついお昼寝をしてしまうのでした。

どうぞ、ご自由にお召し上がりください

そこへ今度はクマさんがやってきて、カゴに詰まったドングリを見つけました。

「これは ごちそうさま。どうぞならば えんりょなく いただきましょう。」

クマさんは、カゴの中のドングリを一つ残らず平らげてしまいました。

けれども、空っぽになったカゴを見ると、自分だけで食べてしまったことを申し訳なく思いました。ドングリの代わりに、瓶詰めの蜂蜜をカゴの中に入れていきました。

『どうぞ』の思いやりの気持ちがつながる

さらに今度はキツネさんがやってきて、カゴに入った蜂蜜を見つけました。

「まあ ごちそうさま。どうぞならば えんりょなく いただきましょう。」

キツネさんは、カゴの中の蜂蜜をペロリと平らげてしまいました。

けれども、全部食べてしまったことを申し訳なく思うと、持っていたパンをカゴの中に置いていくのでした。

こうして、カゴの中の食べ物は取っ替え引っ替えされていき、ようやくロバさんが目覚めたころには……。


ピクトブック編集部の絵本談議

アイコン画像

うさぎさんが想定した『どうぞ』の意味は、「どうぞ、ご自由にお座りください」ってことだよね。

アイコン画像

うんうん。
それが今度は「どうぞ、ご自由にお使いください」って意味に変わっちゃったんだ。

アイコン画像

しかも「どうぞ、ご自由にお召し上がりください」って意味にまで変わっちゃうんだから面白いよね!

アイコン画像

繰り返しのお話だけど、この展開に見入ってしまったよ。

アイコン画像

うんうん。
『どうぞ』の意味は変わっても、『どうぞ』の思いやりの気持ちは変わらないんだよね。バトンのように連鎖していくのが微笑ましいと思ったなぁ。

熊本電力を検討する男女

実質、今の電気代は過払い状態!?

最安水準と話題の新電力を徹底解説!

電力会社の見直しは早いに越したことはありませんが、今からでも遅くありません。むしろ今しなければ損する割合が大きくなります。

出版社からの内容紹介

うさぎさんが作った椅子をめぐって次々に繰りひろげられる取りかえっこ。「どうぞ」にこめられた優しさが伝わってくるロングセラー絵本。

出版社「ひさかたチャイルド」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。