絵本

あぶくたった

この絵本の内容紹介あらすじ

ねずみのお母さんが、美味しくなるようにと想いを込めて歌います。
「♪あぶくたった にえたった にえたか どうだか たべてみよ」
「♪むしゃ むしゃ むしゃ まだ にえない」

今度は、三匹の子ねずみもやってきて、お母さんと一緒に歌います。
「♪あぶくたった にえたった にえたか どうだか たべてみよ」
「♪むしゃ むしゃ むしゃ まだ にえない」

すると今度は、ねずみのお父さんもやってきます。
「♪あぶくたった にえたった にえたか どうだか たべてみよ」
「♪むしゃ むしゃ むしゃ まだ にえない」

それから、ねずみのおじいちゃんもやってきて、ねずみのおばあちゃんもやってくると、美味しいお汁粉が煮えました。熱々のお餅を入れたら完成です。


『あぶくたった』の童歌とともに、ねずみ家族の愉快なお汁粉作りの様子を描きます。クセになるリズムに、何度も何度も読み返したくなります。

巻末には、『あぶくたった』の楽譜付き。

出版社からの内容紹介

おなじみのわらべうたが楽しい絵本になりました。ねずみ一家のユーモラスなお料理シーンに合わせていっしょに歌いましょう。

出版社「ひさかたチャイルド」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。