出版社からの内容紹介あらすじ

ユーモア&アイロニーに笑みがこぼれるどうぶつとわたしたちの世界

人気絵本作家マリー・ホール・エッツ未邦訳作品の初翻訳。ぼうしをかぶったカバ、夫人を食べてしまうワニ、ベッドの下のマナティなど、素朴で風変わりな動物たちが出てきます。シンプルでのびやかな線画とユーモアたっぷりの詩の絵本。奥深いナンセンスをお楽しみください。

絵本「どうぶつたちのナンセンス絵本」の一コマ

絵本「どうぶつたちのナンセンス絵本」の一コマ2

出版社「アノニマ・スタジオ」より