絵本

ほのちゃん

出版社からの内容紹介あらすじ

泣いて笑って飛んでって…幻想と現実を行き来する子どもの一日。

ほのちゃん、なく、ほのちゃん、わらう。風船もって飛んで行く。月も一緒に飛んで行く。ほのちゃんは走る。大好きなお父さんに向かって。幼い子どもが幻想と現実を行き来しながら過ごすある一日。一編のショートムービーの様な作品です。

出版社「WAVE出版」より
熊本電力を検討する男女

実質、今の電気代は過払い状態!?

最安水準と話題の新電力を徹底解説!

電力会社の見直しは早いに越したことはありません。
むしろ今しなければ損する割合が大きくなります。