絵本

おさんぽ わくわく

出版社からの内容紹介あらすじ

子どもたちの「感覚」をひらくシリーズえほん。絵本を通じて親子でのコミュニケーションを広げ、自由な想像力をはぐくみます。

【視覚+感情】
一人で散歩をしていると、さまざまな動物に出くわし、そこから小さな冒険が展開していきます。嬉しいこと、くやしいこと、わくわくすること、怖いことなど、自然界のなかで体験する喜怒哀楽を表現します。この巻では、感情をオノマトペで説明せずに、登場する子どもの表情や仕草をリアルに描くことで、その感情を伝えます。

出版社「WAVE出版」より
熊本電力を検討する男女

実質、今の電気代は過払い状態!?

最安水準と話題の新電力を徹底解説!

電力会社の見直しは早いに越したことはありません。
むしろ今しなければ損する割合が大きくなります。