絵本

こくばんえほん みんなのかお

出版社からの内容紹介あらすじ

黒板の楽しさがそのまま絵本になりました。
描いたり消したりしながら、大すきな家族のかおがつぎつぎと出来上がっていきます。
ページをめくるのがわくわくする楽しい 絵本です。

こどもたちは「こくばん」がだいすきです。
その大きな理由は、描いたり消したりできるから。
すぐ消せるから失敗なんか気にしないでのびのびとした気分で描ける。
ちょっとしたいたずら心も生まれて、本当にたのしい。
ほら、おとなだって思い出したでしょう?
こくばんにらくがきしたことを。
いろんな色のチョークでぐんぐん描いた時のことを。

みんなのかお
まあるいかおをかいて、おかっぱあたまをかいて・・・と
まずは「わたしのかお」のできあがりです。
さて、このあとが注目。
その「わたしのかお」をちょっと消して、ちょっと変えたら
あらら、「おにいちゃんのかお」になっちゃった。
じゃ、今度はどこをどんなふうに変えたら、だれのかおになるかな?とわくわくする展開です。
とてもユーモラスで、ページをめくるのがたのしくなります。
そして最後は、とびきりあたたかい1ページ。
家族みんなでよみたい一冊です。

絵本「こくばんえほん みんなのかお」の一コマ

出版社「絵本館」より
熊本電力を検討する男女

実質、今の電気代は過払い状態!?

最安水準と話題の新電力を徹底解説!

電力会社の見直しは早いに越したことはありません。
むしろ今しなければ損する割合が大きくなります。