この絵本の内容紹介あらすじ

金太郎といえば、真っ赤な腹掛けがトレードマークで、まさかりをかついで熊とすもうをとったことは歌にもなって知られている。けれどヤマンバに育てられ、源頼光の家来となって大江山の鬼退治をしたことなど、あまり知られていない金太郎の生い立ちと成長の物語を、地元に取材して本格的な絵本にした。絵も見応えがある。

出版社「子どもの未来社」より