この絵本の内容紹介あらすじ

屋台のそば屋に立ち寄った男、しきりにほめながら、そばをすすり……。
さて、お勘定となると、そば1杯は十六文と決まっているのに、小銭しかないからと、1枚ずつ出しながら
「いま、なん時だい?」
おなじみのときそば。
真っ暗闇に照らしだされたのは、行灯と提灯をともした屋台のそば屋。
寒気のなかに、そばの丼からたちのぼる>湯気もリアルです。
「そばをあつーくして、一杯たのむ」
と声を掛けたくなります。

出版社「クレヨンハウス」より