絵本

ひびけ わたしの うたごえ

出版社からの内容紹介あらすじ

歌を歌って不安を乗り越える少女の物語。

まだ暗い冬の朝まだき、カナダに住む6歳の少女は、スクールバスに乗るため、長い道のりをひとりで歩いていきます。森を抜け、牧場を越え、林を通っていく道すがら、少女は歌を歌うことで自らを奮い立たせ、寒さを吹き飛ばします。そして、不安に打ち勝った少女が、暖かなスクールバスに乗り込んだ時の表情が、何とも印象的な作品です。

出版社「福音館書店」より
熊本電力を検討する男女

実質、今の電気代は過払い状態!?

最安水準と話題の新電力を徹底解説!

電力会社の見直しは早いに越したことはありません。
むしろ今しなければ損する割合が大きくなります。