絵本

オニのサラリーマン しゅっちょうはつらいよ

この絵本の内容紹介あらすじ

お父さんの名前はオニガワラ・ケン。地獄カンパニーに勤めるサラリーマンの赤鬼です。このたび、閻魔大王の命令で出雲に出張することになりました。

出張の目的は日本中の神様が集う全国神様サミットのお手伝い。コートを羽織って、スーツケースを携えて、家族に見送られながら出発です。

「なあ オニガワラ 神さんたちの かいぎやのに、なんで オニやら ようかいやらが、てつだいに かりだされんと あかんねん。よういわんわ」

そう愚痴をこぼすのは同僚のオニジマ。今回の出張は、赤鬼オニガワラと青鬼オニジマのふたりで向かいます。

「しゃあないやん、オニジマ。えんまさまの ごめいれいやぞ。とにかく おれたち、じごくの だいひょうなんやから、ひとつ きばって いこやないか」

オニガワラはそう言って、冥界シティ・エアポートで出雲行きの飛行船に乗り込みました。

出雲行きの飛行船はヤマタノオロチ号。エコノミークラスの船内は乗客の妖怪達でごった返しです。

会場警備のお手伝い

ようやく出雲に到着すると、神集いの議長への挨拶から始まり、オニガワラとオニジマは会場警備のお手伝いを任されました。

会場警備は神様をそれぞれのゲートに案内したり、怪しい者がいないかを見張る仕事です。

——稲佐の浜は出雲の玄関口。海を渡って来る神様、空を飛んで来る神様、大勢の神様が押し寄せます。

田の神様と井戸の神様、水の神様は五番ゲート。火の神様は三番ゲート。貧乏神様は端っこの八十八番ゲート。オニガワラとオニジマは、そうやって大勢の神様を案内します。

ところが、警備の仕事は案内だけに留まりません。魔女やサンタクロースが出雲の上空を飛べば、通行禁止を伝えなければなりませんでした。

不審者登場!?

「おっ! なんや、あいつら? ツノ はえとるな。じごくからの すけっとか?」

「いや、いや。みてみろ、あんな きんぱつの オニ、じごくには おらんやろ。あやしいな」

オニガワラとオニジマは不審な二人組を見つけると、さっそく声を掛けました。

ところが、その二人組は強風を吹き荒らし、雷を鳴り響かせ……。全国神様サミットに現れた怪しい者の正体とは。


ピクトブック編集部の絵本談議

アイコン画像

鬼達の出張は摩訶不思議な世界が広がってたね!

アイコン画像

それに関西弁のセリフも相まってクスッと笑っちゃうよね!
でも、サラリーマンのお父さん達の苦労も伝わってくるような気がするよ!

熊本電力を検討する男女

実質、今の電気代は過払い状態!?

最安水準と話題の新電力を徹底解説!

電力会社の見直しは早いに越したことはありませんが、今からでも遅くありません。むしろ今しなければ損する割合が大きくなります。

出版社からの内容紹介

地獄勤めのお父ちゃん、出雲へ出張!

地獄勤めの赤鬼オニガワラ・ケンと同僚のオニジマは、えんまさまから出雲出張を命じられ、「ぜんこく神さまサミット」の会場警備を手伝うことになりました。飛行船に乗りこんで出雲へ向かい、稲佐の浜に来てみれば、日本じゅうからやってくる神さまたちで大混乱。ふたりは案内やら警備やらあっちこっちてんやわんやしながら、神さまたちをお迎えします。開会を告げる神つどいの迎え太鼓が鳴り響き、出雲の夜はふけていきます。

出版社「福音館書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。